費用を明確に

労働問題で弁護士に依頼しようと思っている人も多いと思いますが、弁護士を選ぶ時にはしっかりと必要になる費用を明確にしてくれるような弁護士を選ぶようにしましょう。

一般的に弁護士には相談するだけでも費用がかかり、相場は30分から1時間で5千円程度の費用がかかることになります。弁護士にかかる費用は弁護士によってもかなり異なっているので、はじめて弁護士に依頼する前には、できるだけいろいろ情報を調べて、費用を明確にしてから依頼するようにしましょう。

また最初から費用を明確にしないような弁護士は避けた方がよく、そのような弁護士は依頼主のことをきちんと考えないような場合が多いと言われています。弁護士を決める時には相性も重要なポイントになります。

契約書の重要性

弁護士を選ぶ時には最初にかかる費用を明確にしておくことが重要ですが、顧問料などの費用に関しては、きちんと契約書を交わすことをおすすめします。

弁護士の中には費用を口頭で伝えるだけで、契約書を作らない人もたくさんいます。契約書を交わさない場合は後々もめごとになる可能性もあり、実際に弁護士と依頼者の間で費用についてのトラブルがおきることはよくあることです。

法律の専門家である弁護士が契約書を作ってくれないだけで信用性は低くなり、そのような弁護士はしっかり仕事をしないと考えた方がいいでしょう。

弁護士は全国にたくさんいて、今では全国対応の良心的な弁護士も多いので、弁護士はできるだけ慎重に選ぶようにすることをおすすめします。

弁護士選びは慎重に

労働問題について弁護士に相談しようと思っている経営者も多いと思いますが、弁護士に相談する場合はどれくらいの費用がかかるかを事前にしっかり確認するようにしましょう。

またその後顧問弁護士にする場合は、契約書はきちんと交わすようにしなければいけません。

弁護士を雇う時に契約書を交わしていない経営者も多いと思いますが、弁護士と依頼主との間で起こる問題で多いのはお金の問題で、契約書にかかる費用について事前に記載しておくことで、お金のトラブルを事前に防ぐことができることになります。

弁護士の中には優秀な人もいればそうでない人もいて、優秀でもないのに法外な費用を請求するような悪徳弁護士も少なくはありません。弁護士選びは慎重に行いましょう。